Lol

ひとこと説明

id:mikeppo 金星 リンク 誕生日 2019年2月からHatenaを利用しています 最終更新:

二重過程説

 人間が判断するとき、システム1とシステム2が働いている。

 システム1は直感や本能だ。大昔から培われてきた生存に必要な本能。例えば「甘いものがある。甘いのは食べざかりで栄養があるからで、飢えをしのげる」。これからくる欲求は耐え難いものだ。

 システム2は多喰らいでどんくさいが汎用性がある、思考のことだ。言語を使って状況を想像したり、伝聞したのを根拠に使ったりして理性的な判断をする。

 独学者はたびたび自分のやり遂げられなさにつまずく。システム1にあっけなく敗北して悲しくなる。僕らはシステム2によって、システム1の欲求が起こらないように環境を変えることができる。

自分で感じた具体例


 禁欲しようと思ってやったが失敗して、環境を整えるのがいいらしいぞとブックマークを解除したり、閲覧制限をつける。また筋トレで発散するなどしていたのは、システム1の原始の欲求が発動しないようにしていたんだなぁ。

 

例外とか逆の例


 独学が持続可能になって惰性で続けるときはどちらも発動してない。システム1が動き出してないし、システム2でフィードバックする必要もなくて安定している。挫折で問題に感じてシステム2の見直しを発動する。

 

(独学大全)