Lol

変位のキャンセル せっかく変異させてメジャーにしたけど、メロディは変位前の音を歌う。伴奏とぶつかる不協和音は味になるだけだから大丈夫。普通のドレミで歌いやすくなる。ここぞというときの変位が強力になる。

ハーモニックマイナー ラ中心の短調っぽさを出すために、シドみたいに傾性がつよい導音を与えてやるクラシックの名残。ファサ~はバラードの定番。

ロディックマイナー フィサラ、ドーナッツホールとかパプリカのあの音階。短調っぽさを出すために与えたサと増二度の段差を持つことになったファを、ファ#にして美しくすっきりさせた。フィサラがラシドに聞こえて調性が行方不明になる効果がある(1敗)。

ブルーノート ミ、シを半音、もしくはちょっとリ・チ寄りにベンドした音階。

クロマティックアプローチ 半音階。使ったり、装飾で使う鬱々としたりする。半音で傾性をつくって次の音で解決(or次の次の音で解決)したり、普通のコード進行でベースだけベンドして新しい雰囲気を獲得したり、伸ばしてめちゃくちゃ緊張感を与えて解決に落としたりする

全音音階(ホールトーン) 音階が均等だから解決しない、どの音にも特徴がなくてどれを弾いてもなにもならない。使用中は世にも奇妙な雰囲気からは逃れられない。